魂の法則

人はどこから来て、どこへ行くのか。
霊的な知識について、基本的なことから、かなり突っ込んだことまで、著者と霊的存在であるイザヤとの対話形式で語られています。
愛とは何か、霊的進化とはどのようなことか、わかりやすく、かつ詳しく語られており、数あるスピリチュアル関係の本の中でも、最もお薦めしたい本のひとつです。

この世の不条理さについても、この本を読めば、そういう理由があったのかと、ある程度は納得できるかもしれません。
また、この本でしか語られていないイエス・キリストに関する知られざる秘話もあり、必読の書だと言えるでしょう。

なお、この本は地元スペインでは実費配布されており、日本語版もなるべく安価にしたいという希望から、著者、訳者とも印税を放棄しています。
そんなところからも、この本が本物であると感じずにはいられません。

魂の法則

著者名:ヴィンセント・ギリェム
訳:小坂真理
発売日:2014/7/2

スポンサーリンク
PR
PR
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です